どう学ぶか

英単語と黒板

 今日、多くの方が英語を習得し、英会話が上手になりたいと考えています。英語の教材等も数多く開発され、以前よりも学習環境は良くなっています。しかし、実際は思った程に上達しないのが現実です。  なかなか上達しない方の中には、ただひたすら文法書や単語集を覚え、がむしゃらに取り組んでいる場合があります。ただ、長時間学習すれば良いのではなく、効率的に行なうことで英会話は上達するのです。  この効率的な勉強法は、1人1人異なります。自分の最適な学習法を見つけた上で、次の様な点に気をつけると良いでしょう。まず、「音読」です。音読することで記憶に残りやすくなり、会話のリズムやテンポが身につきます。この際、すこし大げさなぐらいで音読を行なうのが良いのです。  また、リスニングとスピーキングの練習も大切です。このためには、英会話スクール等に通い、積極的に力を養うことで身につきます。今日、数多くの英会話スクールが開校しています。英語を使うことで、英会話は確実に自分のものになるのです。  

 「英会話」を習得するには、自分なりの勉強法を見つけることが大切です。このよう中、英語を習得し、コミュニケーション手段として用いることが出来ている人たちに共通の学習法があります。  それは、多くの英語に触れていると言うことです。もし、なかなか上達しないのであれば、1日に何時間程の英語と接しているか、考える必要があります。日本にいる限り、自然に英語が身に付くと言うことはほとんどないのです。「英会話」を身につけた人は、英語と接する機会を自発的に増やして、大量の英語と触れているのです。  現在、英会話を習得する方法として、「大量の英語と接する」という方法が主流になっています。日々自分で大量の英語と触れ、「英会話」スクール等で成果を発揮しにいくのです。スクールでは、講師陣のアドバイスや新しい単語やフレーズを習得できます。インプットとアウトプットを上手に行なうことが、英語習得の秘訣なのです。