アジアで英語を

勉強する手

フィリピンはアメリカの植民地でしたから、英語で話す事が浸透した国です。今でも英語が公用語の一つとなっています。大学を出ている、フィリピン人の多くがしっかりとした英語教育を受けています。フィリピンに語学留学に行きだしたのは、英語教育に熱心な韓国の人々でした。フィリピンは欧米諸国と比べると物価も安く、アジア圏ですからフライト代金もお値打ちに済みます。現在はフィリピンの語学学校の半数近くが韓国人オーナーのものです。現在も韓国人留学生が多いです。近年は日本人の中でもフィリピンへの語学留学が盛んです。滞在費の安さも魅力的であり、仕事のある人でも地理的近さから短期間の滞在の場合でも有効的に学習時間を確保できます。また、欧米で行うとコストの高いマンツーマン教育を安価に受けられます。今後もフィリピンへの留学は増えていく事でしょう。

フィリピンへの留学でまず気をつけるのが治安です。学校内はしっかりとしたセキュリティーがされている事が多いですが、日本より治安の良い国は無いという事を念頭に置き行動する必要があります。学校選びはお値打ちであっても無認可校への留学は避けるようにして、政府の認定を受けた学校を選ぶ必要があります。認可校であっても、留学費用は一週間でフライト代金を除いて6万円ほどが相場です。お子様も連れて、親子留学をしたい場合は小学生以下の受け入れ可能な学校と、可能でない学校がありますので事前に調べる必要があります。エージェントを通した申し込みですと、認可校で依頼者にあった学校を紹介してもらえます。フィリピンの語学学校は食事つきですが、日本人の口に合わないケースもありますからレトルト食品を多少持ち込むと良いでしょう。